Image for post
Image for post
e27 — February 11th, 2021 — https://e27.co/how-this-tokyo-based-startup-is-revolutionising-the-restaurant-industry-with-ai-and-big-data-20210210/

アジアのスタートアップ&テック業界に特化したメディアサイト「e27」にて株式会社GINKANとシンクロライフの紹介記事が掲載されました。

2021年2月11日に公開された「How this Tokyo-based startup is revolutionising the restaurant industry with AI and big data」記事では、シンクロライフが暗号通貨、AI、ビッグデータで飲食業界のマーケティング課題に取り組んでいることを詳しく紹介していただきました。

e27の皆さん、ありがとうございました。

シンクロライフプロジェクトの最新ニュースはMediumでチェック!


株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)が運営するグルメSNS「シンクロライフ」は、三井住友カードの決済プラットフォーム「stera (ステラ)」を構成するオールインワン端末「stera terminal」に対して加盟店向けアプリの提供が決定いたしました。三井住友カードと協業し、加盟する飲食店へデータを活用した効率的なマーケティング支援を実施します。

Image for post
Image for post
SynchroLife & 三井住友カード

飲食店は、グルメサイト、SNS、予約台帳、メール配信ツール、ポイントシステム、決済など様々な媒体からデータを取得し、店舗運営に活用しています。しかし現状は、それぞれのデータがバラバラに存在しており、同一顧客のデータとして結びつけられていません。そのため、不特定多数の顧客に対し、宣伝やクーポンを一斉に発行するといった画一的なマーケティング活動が主流でした。

SNSやメディア上での来店顧客の属性や生活圏、来店頻度、利用金額などが紐づくようになれば、飲食店は顧客に応じた最適なマーケティング施策を打つことができるようになります。今回の協業は、決済端末一つでこのデータを一元化した販促を実現するものとなります。

飲食店は、これまでシンクロライフの食事代金に連動した暗号通貨ポイント付与の際には、会計時に決済とは別に金額入力を行いQRコード発行を行ってきました。今回「stera」を導入することで豊富な決済サービスをワンストップで実現すると共に、暗号通貨ポイントの付与とキャッシュレス決済が連動し、オペレーションが簡素化されます。

そして決済端末一つで決済金額や来店属性データ等を一元化し、顧客に応じたきめ細やかなマーケティング活動が可能となります。例えば、リピーターの離脱に対しての全自動CRM、来店回数に応じたロイヤリティプログラムなどを、顧客に応じて施策を打つことができ、店舗の顧客の常連化促進に繋がります。また自社のリピート率や来店頻度、顧客のSNS上での趣味嗜好が可視化され経営スコアとして活用が可能となります。ユーザーにとってノイズとなる、不特定多数を対象とした一斉送信の広告宣伝を受け取ることなく、自分の来店状況に最適化されたマーケティング施策が届くため、来店や外食をより楽しめるようになります。


Image for post
Image for post

グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANのCEO神谷知愛が「ブロックチェーン3.0 ~国内外特許からユースケースまで~」にて一節を執筆しました。

第6章1節「ブロックチェーン技術を活用した新しいトークンエコノミーによるサービス」のパートになります。シンクロライフも紹介しているので、興味ある方はぜひチェックしてください。

▼「ブロックチェーン3.0 ~国内外特許からユースケースまで~」について

▼ シンクロライフ最新ニュース

シンクロライフプロジェクトの最新ニュースはMediumでチェック!


Image for post
Image for post

グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)は、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)の都内のスタートアップ企業等のグローバル展開を支援する 「X-HUB TOKYO GLOBAL STARTUP ACCELERATOR」 の シンガポールコース、 500 Startups の「Global Launch Singapore」 に採択されました。2022年のアジア本格進出を目標に、本プログラムで海外展開のノウハウやネットワークを獲得し、グローバル展開をさらに加速してまいります。

シンクロライフは、現在4言語(日・英・中・韓)でサービスを展開していますが、外国語での利用は主に日本在住の外国人や日本に関心の高い海外在住者が中心です。すでに47ヶ国以上で口コミが投稿されており、海外でのサービス展開への高い期待を感じております。予め世界展開を見据え、世界共通の価値を持つ暗号通貨をリワードとしてサービス展開してまいりましたが、2022年から海外進出を本格化。特にアジアのマーケティングを強化して加盟店サービスの提供を開始する予定です。本プログラムで海外展開のノウハウやネットワークを獲得し、グローバル展開をさらに加速してまいります。

運営:独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

東京の国際都市としての競争力維持、成長を目的として、都内のスタートアップ企業等のグローバル展開を支援していくものです。米国西海岸、東海岸、深セン、シンガポール、ドイツ、Web Summitの6つのコースで、各地域のエコシステムに精通しているグローバルアクセラレーターと提携し、ブートキャンプやメンターとのメンタリングを通じてビジネスパートナーとの提携や投資家からの資金調達に至る機会が提供されます。すべてオンライン開催で、海外進出にかかる時間・コストを削減することが可能です。

URL: https://x-hub.tokyo/outbound_program

運営:500 Startups

アジアのハブであるシンガポールから東南アジア諸国への展開を目指す500 Startupsの短期集中コースです。東南アジアのトレンドや現地のプロダクトマーケットフィット、ビジネスノウハウに加え、グローバル展開に不可欠な現地ネットワークが提供されます。各企業に専用のメンターが付き、自社サービスの市場進出戦略を一緒に考え、プログラムの最後にピッチプレゼンを実施します。

URL: https://ecosystems.500.co/global-launch-sg

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは「口コミへの不審感」と「検索の煩雑さ」から解放される新しい飲食店開拓サービスです。現在25万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。

世界で初めて、食レビューで暗号通貨ポイントがもらえる報酬制度を搭載し、4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開。食レビューの民主化を目指しています。またシンクロライフ加盟店での飲食代金からも暗号通貨ポイントが還元されます。飲食店にはリスクゼロでプラットフォームを解放し、飲食業界のマーケティング課題にも取り組んでおります。

・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:東京都千代田区有楽町1–12–1新有楽町ビル 11階
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・資本金:3億9,631万円(資本準備金含む)※2020年9月1日現在
・URL:http://ginkan.jp

■ iPhone
推奨環境:iPhone 5S 以上、iOS 11.2 以上
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
■ Android
推奨環境:Android 6.0以上
ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
■ 公式WEBサイト
URL:https://www.synchrolife.io/
■ 飲食店向けWEBサイト
SynchroLife for Business:https://business.synchrolife.jp/
■ SynchroCoinプロジェクトサイト
URL:https://synchrolife.org
■ SynchroCoinプロジェクトブログ
URL:https://medium.com/synchrocoin-jp


Image for post
Image for post
「ふたごメニュー総選挙」10月23日〜12月23日:https://c.synchrolife.io/campaign/futago2020

シンクロライフにて「ふたごメニュー総選挙」が10月23日〜12月23日の2ヶ月間開催中!

「大阪焼肉・ホルモンふたご」全国52店舗で「ふたご総選挙」開始!店長が選ぶ実はオススメふたごメニューの総選挙バトルです。1位に輝いたメニューの半額優待券や1位を当てると全額優待券がもらえる!お会計時にチャレンジできるふたごルーレットやフォトコンテストも同時開催中。

今回のキャンペーンはグルメSNSアプリ「シンクロライフ」と「大阪焼肉・ホルモン ふたご」のタイアップキャンペーンです。シンクロライフアプリをインストールしてぜひ「ふたご」へご来店ください!

お会計時にQRスキャンデジタル投票券獲得して、シンクロライフのアプリで好きなメニューに投票して、1位を狙え!

さらに!お会計3000円以上で回せる「ふたごルーレット」も登場!ミルフィーユロース、はみ出たいハラミ、デザート、ドリンク、俺じなるヨーグルトの豪華賞品が50%の確率で当たります。ルーレットで当たったメニューのの無料優待券がもらえる!

そしてなんと、総選挙中はふたごフォトコンテストも開催中!ベストショットで豪華焼肉セット獲得しちゃう♪シンクロライフで投稿する際に「#ふたご総選挙」のハッシュタグをつけるだけで参加可能です!

詳しくはキャンペーンサイトをチェック!

焼肉好きな皆さん!ぜひアプリ内をインストールして近くのふたごへご来店ください♪


Image for post
Image for post

マーケティング支援から業務管理のDXを目指す

グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)は、飲食業界向けに受発注システムなどのB to Bプラットフォームを運営するインフォマートと、互いに強みを持つ飲食業界の支援で協業することとなりました。今後は、飲食業界のマーケティングから業務管理までのデジタルトランスフォーメーション(DX)を目指します。

Image for post
Image for post

GINKANが運営するグルメSNSシンクロライフは、飲食店向けに完全成功報酬型でグルメSNSビックデータを活用した販促・CRMサービスを提供しており、飲食店への来店データ等などマーケティングデータを所有しています。そしてインフォマートは、飲食店を中心に約4万社が利用する受発注プラットフォームを運営しており、飲食店の業務管理のデータを所有しています。飲食店にまつわるデータに強みをもつ両社が協業することで、より効率的な飲食店の支援ができると考えております。

外食業界は、新型コロナウイルス感染拡大対策のための外出自粛で大きな打撃を受けました。大規模チェーンの店舗縮小の発表も相次いでいます。しかし外食文化は決してなくなりません。日本が誇る食文化と、食事の席における時間の共有は、豊かな生活をおくる上で欠かせない素晴らしいものであると確信しています。withコロナ時代で重要となるマーケティングの新しい生活様式における外食スタイルを定着させるべく、共に飲食店の支援に努めます。

具体的にまずは、インフォマート契約企業向けに、シンクロライフ加盟店特別支援プランをスタートさせます。シンクロライフ加盟店になると、飲食店は、既存顧客向けの販促支援を初期投資ゼロ、完全成功報酬で受けることができます。先着50社限定で1店舗あたり25万円相当の支援金クレジットを提供し、集客を支援していきます。

いずれは、両社サービスで培ったデータの連携を目指し、飲食店でのマーケティング面から業務管理までのDXのワンストップ提供を目指していきます。

参考:シンクロライフ加盟店
https://business.synchrolife.jp/

シンクロ加盟店サービス(集客サービス)費用に適用可能な25万円相当の支援金クレジットをご提供します。

①シンクロ加盟店サービス利用料に適用可能な値引きクレジット(20万円/1店舗あたり)
サービス利用で発生する成功報酬費用の値引きに充当いただけます。
(費用は、当社とインフォマートで負担)

②店内CRM施策の全面支援サービス(5万円相当/1店舗あたり)
CRMの企画設計から販促物までをご提供します。

プラン開始日程:2020年10月1日(木)
お問合せ先:インフォマート 営業1部セールスマーケティング課 marketdiv@infomart.co.jp

シンクロライフの飲食加盟店向けサービスは、リスクゼロ・完全成功報酬型(食事代金の5%)でPRからCRMサービスまでを一気通貫で提供するサービスです。飲食店はシンクロライフ上のビックデータを活用した来店客の常連化、自店の既存顧客と趣味嗜好が近い消費者をシンクロライフ上で獲得することができます。顧客の来店状況に応じてパーソナライズされたCRM施策が全自動で実施可能で、飲食店側の手間も一切かかりません。これにより自店の来店データ構築や店内販促の促進が実現され、固定客の売上費率の向上と、既存顧客の投稿によるグルメSNS上での無償PRが可能となるます。

▼シンクロ加盟店サービスサイト
https://business.synchrolife.jp/

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは「口コミへの不審感」と「検索の煩雑さ」から解放される新しい飲食店開拓サービスです。現在23万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。

世界で初めて、食レビューで暗号通貨ポイントがもらえる報酬制度を搭載し、4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開。食レビューの民主化を目指しています。またシンクロライフ加盟店での飲食代金からも暗号通貨が還元されます。飲食店にはリスクゼロでプラットフォームを解放し、飲食業界のマーケティング課題にも取り組んでおります。

・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:東京都千代田区有楽町1–12–1新有楽町ビル 11階
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・URL:http://ginkan.jp

■ iPhone
推奨環境:iPhone 5S 以上、iOS 11.2 以上
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
■ Android
推奨環境:Android 6.0以上
ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
■ WEBサイト
URL:https://www.synchrolife.io/
■ 飲食店向けWEBサイト
SynchroLife for Business:https://business.synchrolife.jp/
■ SynchroCoinプロジェクトサイト
URL:https://synchrolife.org
■ SynchroCoinプロジェクトブログ
URL:https://medium.com/synchrocoin-jp

シンクロライフプロジェクトの最新ニュースはMediumでチェック!


Image for post
Image for post
Tech Crunch Japan — https://jp.techcrunch.com/2020/09/22/weekly-blockchain-20200913-0919/

2020年9月22日「Tech Crunch Japan」の「暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.9.13~9.19)」記事にてシンクロライフが紹介をいただきました。

シンクロライフが2020年9月14日のプレスリリースで公開した、Jリーグの川崎フロンターレさんと共に提案した、「スタジアム飲食と地域活性化をDXで実現」プロジェクトが、神奈川県の「ビジネス・アクセラレーター・かながわ」に採択されましたニュースがピックアップされました。

川崎フロンターレさんとのプロジェクトの他に、シンクロライフのユーザーアプリの仕組み、シンクロコイン/シンクロポイントについて、eギフト券についてなど、詳しく紹介していただきました。Tech Crunch、ありがとうございました!

詳しくはぜひTech Crunchでご確認ください:

https://jp.techcrunch.com/2020/09/22/weekly-blockchain-20200913-0919/


Image for post
Image for post
左:株式会社GINKANの取締役CTO三田大志、右:アマゾン ウェブ サービスの 岡嵜 禎氏

トークンエコノミー型グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANが2020年9月16日に開催された「AWS Startup Architecture of the Year 2020」の「Japan Live Finale」ピッチバトルにて、6社のファイナリストとして採択され、「ソリューションアーキテクト賞」を受賞いたしました。

AWS Startup Architecture of the Year 2020 Japan Live Finaleは「世界で一番 Well Architected なスタートアップの座を賭けたピッチバトル」です。世界大会進出者を決定する国内決勝戦「Japan Live Finale」にてGINKANの取締役CTO三田大志がプレゼンテーションし、ソリューションアーキテクト賞を受賞いたしました。

ソリューションアーキテクト賞とはAWS(アマゾン ウェブ サービス)のソリューションアーキテクトが選ぶ、もっとも「Well Architected」なアーキテクチャに送られる賞です。AWSのWell-Architected 基準には5つの柱(優れた運用効率、セキュリティ、信頼性、パフォーマンス効率、コストの最適化)があり、それらを最も満たしたスタートアップがソリューションアーキテクト賞に選ばれます。AWSのWell-Architected 基準についてはAWS公式サイトにてご確認ください: https://aws.amazon.com/jp/architecture/well-architected/

AWS Startup Architecture of the Yearは2018年のAWS Summitから始まった、世界中のスタートアップのシステムアーキテクチャを評価するピッチバトルです。今年2020年の審査員には、合同会社DMM. com 松本勇気氏、株式会社UB Ventures 竹内秀行氏、株式会社メルカリ 名村卓氏、グリー株式会社 藤本真樹氏など、業界を代表する方々が務めました。そして2020年は日本国内決勝戦のファイナリストに株式会社GINKANを含め6社が選ばれました。

参加するスタートアップは「アーキテクチャー」で競い合い、AWS Well-Architected Frameworkの基準(スケーラビリティー、可用性、パフォーマンス、コスト効率、セキュリティ)、戦略的ソリューション(コンテナ、AI/ML、ビッグデータ、IoT、サーバーレス、AR/VR)、及び、明確なビジネスインパクトを持つソリューションがあることについて評価されました。

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは「口コミへの不審感」と「検索の煩雑さ」から解放される新しい飲食店開拓サービスです。現在23万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。

世界で初めて、食レビューで暗号通貨ポイントがもらえる報酬制度を搭載し、4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開。食レビューの民主化を目指しています。またシンクロ加盟店での飲食代金からも暗号通貨が還元されます。飲食店にはリスクゼロ・完全成功報酬型(食事代金の5%)で、シンクロライフ上のビックデータを活用したPRからCRMサービスまでを一気通貫で提供するサービスを提供し、飲食業界のマーケティング課題にも取り組んでおります。

AWS公式サイトに「AWS Startup Architecture of the Year」及び2020年の「Japan Live Finale」コンテストの詳細がありますので、興味ありましたらぜひ合わせてご確認ください。

https://aws.amazon.com/jp/blogs/startup/program_saoy2020/

https://pages.awscloud.com/Startup-Architecture-of-the-Year-Japan-2020_Landing-Page.html

シンクロライフプロジェクトの最新ニュースはMediumでチェック!


グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)が、株式会社川崎フロンターレ(本社:神奈川県川崎市)と共に提案した、「スタジアム飲食と地域活性化をDXで実現」プロジェクトが、神奈川県の「ビジネス・アクセラレーター・かながわ」に採択されました。神奈川県のイノベーション支援の元、川崎フロンターレと共に、プロジェクト準備を進めてまいります。

(参考)【神奈川県記者発表資料】
新型コロナに⽴ち向かうベンチャーによる新しいプロジェクトの実現を支援します
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/prs/r4533732.html

Image for post
Image for post
フロンターレ×シンクロライフプロジェクトイメージ図

「シンクロライフ」アプリのモバイルオーダー及びブロックチェーンを活用した暗号通貨ポイントシステムを通して、川崎フロンターレのスタジアム内の飲食店と、川崎地域の地元飲食店のマーケティング領域におけるデジタルトランスフォーメーションを推進します。具体的には、モバイルオーダーによる混雑回避、キャッシュレス推進、試合結果に応じた、来店インセンティブ付与による地元飲食店集客への寄与を目指すことです。これにより、With/Afterコロナ時代における安心・安全なスタジアム運営と、地域経済の活性化を実現します。

神奈川県内に事業所等の拠点を持つ大企業と将来の神奈川県経済を支える質の高いベンチャー企業間の事業連携プロジェクト創出を目的とし、大企業・ベンチャー企業・研究機関・支援機関等に参画する協議会の運営を通してオープンイノベーションのコミュニティを形成する取り組みです。

今回の公募では、ベンチャー企業を中心に複数の企業等が連携し、新型コロナにより生じる課題の解決を行うなど、神奈川県において新しいビジネスモデルを構築するプロジェクトが募集されました。採択されたプロジェクトは、神奈川県が開発・実証に係る費用を支援(最大1100万円)するとともに、「ビジネス・アクセラレーター・かながわ」により事業化が支援されます。

(参考)【公募】新型コロナに係るイノベーション創出推進委託(オープンイノベーション型)
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/sr4/hatsu-shin/r2koubo.html

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは「口コミへの不審感」と「検索の煩雑さ」から解放される新しい飲食店開拓サービスです。現在23万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。
世界で初めて、食レビューで暗号通貨ポイントがもらえる報酬制度を搭載し、4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開。食レビューの民主化を目指しています。またシンクロ加盟店での飲食代金からも暗号通貨が還元されます。飲食店にはリスクゼロ・完全成功報酬型(食事代金の5%)で、シンクロライフ上のビックデータを活用したPRからCRMサービスまでを一気通貫で提供するサービスを提供し、飲食業界のマーケティング課題にも取り組んでおります。

・シンクロ加盟店サービスサイト
https://business.synchrolife.jp/

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000030.000035259.html

・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:東京都千代田区有楽町1–12–1新有楽町ビル 11階
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・URL:http://ginkan.jp

■ iPhone
推奨環境:iPhone 5S 以上、iOS 11.2 以上
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
■ Android
推奨環境:Android 6.0以上
ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
■ WEBサイト
URL:https://www.synchrolife.io/
■ 飲食店向けWEBサイト
SynchroLife for Business:https://business.synchrolife.jp/
■ SynchroCoinプロジェクトサイト
URL:https://synchrolife.org
■ SynchroCoinプロジェクトブログ
URL:https://medium.com/synchrocoin-jp

SynchroCoin (Japanese)

食いしん坊たちが愛するグルメアプリ「SynchroLife」(シンクロライフ)!良質なレビューへのトークン(暗号通貨)報酬とAIを搭載したレストランレビュープラットフォームです。https://synchrolife.org

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store