三井住友カードの決済端末「stera」連携事例インタビュー:https://www.smbc-card.com/steradevelopers/casestudy/ginkan.jsp

2021年3月31日に三井住友カード「stera developers」ページにてシンクロライフを運営する株式会社GINKANの CEO 神谷知愛とCTO 三田大志 の独占インタビューが掲載されました。去年2020年12月に発表された、シンクロライフと三井住友カードの決済端末「stera」との連携の経緯や目的について詳しく語っています。

ぜひ三井住友カード「stera developers」の活用事例ページにてインタビューをご確認ください:

また、2020年12月に発表されたシンクロライフと三井住友カードの決済プラットフォーム「stera 」の連携についてはこちらのプレスリリースにてご確認ください:

三井住友カードの皆様、ありがとうございました。


「あいちスタートアップ・フェス2021」の入賞者発表:https://www.pref.aichi.jp/soshiki/startup/nus-startup-fes-award.html

2021年3月15日から3月17日までの3日間、オンラインで開催された「あいちスタートアップ・フェス2021」にて、グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANの CEO 神谷知愛がピッチをし、「Aichi Award」を受賞しましたことをお知らせいたします。

「Aichi Award」は「事業プランや社会的意義、愛知県における今後のビジネスの実現可能性等」を審査とした賞で、今回の「あいちスタートアップ・フェス2021」にてピッチセッションに参加した国内外のスタートアップ26社の中から5社が「Aichi Award」を入賞しました。

「あいちスタートアップ・フェス2021」では、ご参加のスタートアップが「疫病や災害等の危機に強く、持続可能な社会の実現」、「全ての人が活躍できる環境の創出」、「新たなイノベーションによる産業の創出・強化」、「世界から選ばれる、魅力的な地域づくり」、「これからの時代をリードする、世界及び地域で活躍する人材の育成」など、「あいちビジョン2030」で示されている「目指すべき愛知の姿」の5つのテーマを元にしたビジネスアイディアについてピッチを行いました。

Aichi Awardの詳細については愛知県の公式サイトをご確認ください:

https://www.pref.aichi.jp/soshiki/startup/nus-startup-fes-award.html

あいちスタートアップ・フェス2021について詳しくはイベントサイトをご確認ください:https://e27.co/aichiglobalap/jp/

■シンクロライフとは

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは「口コミへの不審感」と「検索の煩雑さ」から解放される新しい飲食店開拓サービスです。現在27万件の食レビューと12万件以上の飲食店が掲載されています。

世界で初めて、食レビューで暗号通貨ポイント(※1)がもらえる報酬制度を搭載し、4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開。食レビューの民主化を目指しています。またシンクロ加盟店での飲食代金からも暗号通貨ポイント(※1)が還元されます。飲食店にはリスクゼロ・完全成功報酬型(食事代金の5%)で、シンクロライフ上のビックデータを活用したPRからCRMサービスまでを一気通貫で提供するサービスを提供し、飲食業界のマーケティング課題にも取り組んでおります。

・シンクロライフ公式WEBサイト
https://www.synchrolife.io/

※1 日本国内においては将来「シンクロコイン(SYC)」へ1対1で交換可能となる「シンクロポイント」(ロイヤリティポイント)が付与されます。

■株式会社GINKAN会社概要

・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:東京都千代田区有楽町1–12–1 新有楽町ビル11階
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・URL:http://ginkan.jp

■シンクロライフ参考情報

■ iPhone
推奨環境:iPhone 5S 以上、iOS 11.2 以上
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
■ Android
推奨環境:Android 6.0以上
ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
■ WEBサイト
URL:https://www.synchrolife.io/
■ 飲食店向けWEBサイト
SynchroLife for Business:https://business.synchrolife.jp/
■ SynchroCoinプロジェクトブログ
URL:https://medium.com/synchrocoin-jp


~食レビュー投稿が表彰状になってお店に届く~

株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)が運営する、グルメSNS「シンクロライフ」は、飲食店への食レビュー投稿が表彰状となって実際にお店に届く「#みんなで表彰」キャンペーンを開始します。緊急事態宣言明けの飲食店の皆様へ表彰状としてエールをお届けいたします。

キャンペーンサイトURL:https://c.synchrolife.io/campaign/202103_award

シンクロライフはグルメに特化したSNS。ユーザーは美味しい体験をした飲食店にまつわる画像やコメントを投稿することができます。今回のキャンペーンは、2度目の緊急事態宣言を乗り越えたお気に入りのお店、行きつけのお店の皆さんに、シンクロライフから表彰状を届けることができるものです。シンクロライフのレビュー投稿で、お店の料理の写真とともに好きな「賞」を名付け、「#(ハッシュタグ)みんなで表彰」を付けて投稿することで、レビュー投稿が表彰状となります。

例えば「店主の笑顔が最高で賞」「モツ煮込みヤバイで賞」などご自身が贈りたい賞を作って、「#みんなで表彰」で投稿してください。


~スタジアム内のDXと川崎飲食店へサポーター送客まで~

株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)と株式会社川崎フロンターレ(本社:神奈川県川崎市)は、スタジアム内の飲食店におけるモバイルオーダーの実証実験を3月10日(水)に実施いたします。シンクロライフのモバイルオーダーが、Jリーグのクラブチームに導入されるのは初となります。

■実証実験概要

時間:3月10日(水)17:00~

場所:徳島ヴォルティス戦会場 等々力陸上競技場 場内グッズ売店

概要:シンクロライフアプリを川崎フロンターレモードにし、モバイルオーダー画面にて注文と決済を実行。店舗でスマホ画面を提示し商品を受け取る。

■実証実験実施の経緯/サッカー観戦における飲食物購入の課題と対策

サッカー観戦における飲食物の購入は、購入タイミングが試合前かハーフタイムに集中するため、待ち時間が30分を超える行列ができたり、購入できない人が出てしまうことが課題でした。加えて、新型コロナウイルス感染対策のため、行列による密を回避するという新たな課題も生じています。


e27 — February 11th, 2021 — https://e27.co/how-this-tokyo-based-startup-is-revolutionising-the-restaurant-industry-with-ai-and-big-data-20210210/

アジアのスタートアップ&テック業界に特化したメディアサイト「e27」にて株式会社GINKANとシンクロライフの紹介記事が掲載されました。

2021年2月11日に公開された「How this Tokyo-based startup is revolutionising the restaurant industry with AI and big data」記事では、シンクロライフが暗号通貨、AI、ビッグデータで飲食業界のマーケティング課題に取り組んでいることを詳しく紹介していただきました。

e27の皆さん、ありがとうございました。

▼ シンクロライフ最新ニュース

シンクロライフプロジェクトの最新ニュースはMediumでチェック!


株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)が運営するグルメSNS「シンクロライフ」は、三井住友カードの決済プラットフォーム「stera (ステラ)」を構成するオールインワン端末「stera terminal」に対して加盟店向けアプリの提供が決定いたしました。三井住友カードと協業し、加盟する飲食店へデータを活用した効率的なマーケティング支援を実施します。

SynchroLife & 三井住友カード

■バラバラに存在していた顧客データを一元化しマーケティング活用

飲食店は、グルメサイト、SNS、予約台帳、メール配信ツール、ポイントシステム、決済など様々な媒体からデータを取得し、店舗運営に活用しています。しかし現状は、それぞれのデータがバラバラに存在しており、同一顧客のデータとして結びつけられていません。そのため、不特定多数の顧客に対し、宣伝やクーポンを一斉に発行するといった画一的なマーケティング活動が主流でした。

SNSやメディア上での来店顧客の属性や生活圏、来店頻度、利用金額などが紐づくようになれば、飲食店は顧客に応じた最適なマーケティング施策を打つことができるようになります。今回の協業は、決済端末一つでこのデータを一元化した販促を実現するものとなります。

飲食店は、これまでシンクロライフの食事代金に連動した暗号通貨ポイント付与の際には、会計時に決済とは別に金額入力を行いQRコード発行を行ってきました。今回「stera」を導入することで豊富な決済サービスをワンストップで実現すると共に、暗号通貨ポイントの付与とキャッシュレス決済が連動し、オペレーションが簡素化されます。

そして決済端末一つで決済金額や来店属性データ等を一元化し、顧客に応じたきめ細やかなマーケティング活動が可能となります。例えば、リピーターの離脱に対しての全自動CRM、来店回数に応じたロイヤリティプログラムなどを、顧客に応じて施策を打つことができ、店舗の顧客の常連化促進に繋がります。また自社のリピート率や来店頻度、顧客のSNS上での趣味嗜好が可視化され経営スコアとして活用が可能となります。ユーザーにとってノイズとなる、不特定多数を対象とした一斉送信の広告宣伝を受け取ることなく、自分の来店状況に最適化されたマーケティング施策が届くため、来店や外食をより楽しめるようになります。


グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKANのCEO神谷知愛が「ブロックチェーン3.0 ~国内外特許からユースケースまで~」にて一節を執筆しました。

第6章1節「ブロックチェーン技術を活用した新しいトークンエコノミーによるサービス」のパートになります。シンクロライフも紹介しているので、興味ある方はぜひチェックしてください。

▼「ブロックチェーン3.0 ~国内外特許からユースケースまで~」について

▼ シンクロライフ最新ニュース

シンクロライフプロジェクトの最新ニュースはMediumでチェック!


グルメSNS「シンクロライフ」を運営する株式会社GINKAN(ギンカン 本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:神谷知愛/カミヤトモチカ)は、独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)の都内のスタートアップ企業等のグローバル展開を支援する 「X-HUB TOKYO GLOBAL STARTUP ACCELERATOR」 の シンガポールコース、 500 Startups の「Global Launch Singapore」 に採択されました。2022年のアジア本格進出を目標に、本プログラムで海外展開のノウハウやネットワークを獲得し、グローバル展開をさらに加速してまいります。

2022年よりアジアマーケットに本格進出

シンクロライフは、現在4言語(日・英・中・韓)でサービスを展開していますが、外国語での利用は主に日本在住の外国人や日本に関心の高い海外在住者が中心です。すでに47ヶ国以上で口コミが投稿されており、海外でのサービス展開への高い期待を感じております。予め世界展開を見据え、世界共通の価値を持つ暗号通貨をリワードとしてサービス展開してまいりましたが、2022年から海外進出を本格化。特にアジアのマーケティングを強化して加盟店サービスの提供を開始する予定です。本プログラムで海外展開のノウハウやネットワークを獲得し、グローバル展開をさらに加速してまいります。

■JETROの「X-HUB TOKYO GLOBAL STARTUP ACCELERATOR」とは

運営:独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)

東京の国際都市としての競争力維持、成長を目的として、都内のスタートアップ企業等のグローバル展開を支援していくものです。米国西海岸、東海岸、深セン、シンガポール、ドイツ、Web Summitの6つのコースで、各地域のエコシステムに精通しているグローバルアクセラレーターと提携し、ブートキャンプやメンターとのメンタリングを通じてビジネスパートナーとの提携や投資家からの資金調達に至る機会が提供されます。すべてオンライン開催で、海外進出にかかる時間・コストを削減することが可能です。

URL: https://x-hub.tokyo/outbound_program

■500 Startupsの「Global Launch Singapore」とは

運営:500 Startups

アジアのハブであるシンガポールから東南アジア諸国への展開を目指す500 Startupsの短期集中コースです。東南アジアのトレンドや現地のプロダクトマーケットフィット、ビジネスノウハウに加え、グローバル展開に不可欠な現地ネットワークが提供されます。各企業に専用のメンターが付き、自社サービスの市場進出戦略を一緒に考え、プログラムの最後にピッチプレゼンを実施します。

URL: https://ecosystems.500.co/global-launch-sg

シンクロライフとは

シンクロライフは、食いしん坊たちが本当に美味しいお店を炙り出す、世界基準のグルメSNSです。AIが口コミを分析して個人の趣味嗜好に合ったお店をレコメンドすることで、ユーザーは「口コミへの不審感」と「検索の煩雑さ」から解放される新しい飲食店開拓サービスです。現在25万件の食レビューと10万件以上の飲食店が掲載されています。

世界で初めて、食レビューで暗号通貨ポイントがもらえる報酬制度を搭載し、4言語(日・英・韓・中)に対応、155カ国に展開。食レビューの民主化を目指しています。またシンクロライフ加盟店での飲食代金からも暗号通貨ポイントが還元されます。飲食店にはリスクゼロでプラットフォームを解放し、飲食業界のマーケティング課題にも取り組んでおります。

[株式会社GINKAN会社概要 ]

・会社名:株式会社GINKAN
・所在地:東京都千代田区有楽町1–12–1新有楽町ビル 11階
・代表者:代表取締役 CEO 神谷知愛
・設立:2015年12月
・資本金:3億9,631万円(資本準備金含む)※2020年9月1日現在
・URL:http://ginkan.jp

[ シンクロライフ参考情報 ]

■ iPhone
推奨環境:iPhone 5S 以上、iOS 11.2 以上
ダウンロードURL: https://itunes.apple.com/jp/app/id557532449
■ Android
推奨環境:Android 6.0以上
ダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.synchrolife
■ 公式WEBサイト
URL:https://www.synchrolife.io/
■ 飲食店向けWEBサイト
SynchroLife for Business:https://business.synchrolife.jp/
■ SynchroCoinプロジェクトサイト
URL:https://synchrolife.org
■ SynchroCoinプロジェクトブログ
URL:https://medium.com/synchrocoin-jp

[ シンクロライフ最新ニュース ]


「ふたごメニュー総選挙」10月23日〜12月23日:https://c.synchrolife.io/campaign/futago2020

シンクロライフにて「ふたごメニュー総選挙」が10月23日〜12月23日の2ヶ月間開催中!

「大阪焼肉・ホルモンふたご」全国52店舗で「ふたご総選挙」開始!店長が選ぶ実はオススメふたごメニューの総選挙バトルです。1位に輝いたメニューの半額優待券や1位を当てると全額優待券がもらえる!お会計時にチャレンジできるふたごルーレットやフォトコンテストも同時開催中。

今回のキャンペーンはグルメSNSアプリ「シンクロライフ」と「大阪焼肉・ホルモン ふたご」のタイアップキャンペーンです。シンクロライフアプリをインストールしてぜひ「ふたご」へご来店ください!

お会計時にQRスキャンデジタル投票券獲得して、シンクロライフのアプリで好きなメニューに投票して、1位を狙え!

さらに!お会計3000円以上で回せる「ふたごルーレット」も登場!ミルフィーユロース、はみ出たいハラミ、デザート、ドリンク、俺じなるヨーグルトの豪華賞品が50%の確率で当たります。ルーレットで当たったメニューのの無料優待券がもらえる!

そしてなんと、総選挙中はふたごフォトコンテストも開催中!ベストショットで豪華焼肉セット獲得しちゃう♪シンクロライフで投稿する際に「#ふたご総選挙」のハッシュタグをつけるだけで参加可能です!

詳しくはキャンペーンサイトをチェック!

焼肉好きな皆さん!ぜひアプリ内をインストールして近くのふたごへご来店ください♪


シンクロライフでは、本日10月01日から10月31日まで「コスパ寿司キャンペーン」開催中!🍣✨

SynchroCoin (Japanese)

食いしん坊たちが愛するグルメアプリ「SynchroLife」(シンクロライフ)!良質なレビューへのトークン(暗号通貨)報酬とAIを搭載したレストランレビュープラットフォームです。https://synchrolife.org

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store